30代の女性が髪の毛の薄さに気づいてしまった…この時のショックは計り知れません。

髪ピイちゃん−悲しむ

 

たまに道端で髪の毛が薄くなってきたおばあちゃんを見かけたり、同年代の男性がハゲてきているのをからかったりしていても、まさか自分が薄毛になるとは夢にも思っていない20代のころ。
そんな自分が30代になり薄毛になってしまったら、パニックになるのも当然です。薄毛は女性としての魅力を一気に衰えさせる可能性があります。

ただ、薄毛に悩んでいるのは、あなただけではありません。薄毛に悩んでいる30代女性は年々増加していることが分かっています。ただ、30代女性の薄毛の場合、40代以降の更年期にさしかかっている女性の薄毛とは明らかにその原因が異なっています。

 

今回の記事では30代女性が薄毛になる原因について紹介し、その後どのような対策をすれば再び髪の毛を増やすことができるのかについてみていきます。

薄毛に悩む30代女性は必読です!

まだまだ若い30代女性!なぜ薄毛に悩まされるのか?

薄毛に悩む女性

40代以上の女性が薄毛に悩まされる場合、加齢等の原因による女性ホルモンの減少が原因になっている可能性が大です。

ただ、30代女性は10代・20代の頃のような若さは無くなっているにしても、まだまだ女性として枯れ始める年齢ではありません。妊娠して子供を授かることもできますし、女ざかりと言ってもよい年頃です。

しかし、この30代で薄毛に悩み始める女性が一定数存在するというのもホントです。では、まだまだ若いと言って良い30代女性が薄毛に悩み始めた時に考えられる原因というのは一体何なのでしょうか?

薄毛を引き起こす原因はいくつもあります。ただ、30代しかも女性が薄毛になるなら次の2つが原因になっているケースがほとんどです。

▼髪の毛を作る栄養の不足
▼パーマ・ヘアカラー等による頭皮のダメージ

ここからはそれぞれの原因について細かく見ていきます。

これが【髪の栄養不足】を引き起こす原因です

ダイエット中の女性

30代女性が薄毛に悩む場合、まず考えられるのが、髪の毛を作るための栄養素が体内で不足しているケース。これ、実は若い女性に非常に多いケースになります。

女性の永遠の友【ダイエット】と薄毛の関係

その原因になるのがダイエット。特に30代になると、若い頃よりも代謝が落ちてきて、太りやすくなります。また、スタイルの崩れも出てくる年代になってくるため、若さを維持しようとして無理なダイエットに励んでしまう人が後を絶ちません。

ただ、ダイエット(無理なダイエット)は髪の毛を作るということを考えた時、大きなマイナス。ダイエットの影響で体が求めているだけの栄養が供給されないようになると、体は限られた栄養で生命活動を維持する働きを始めます。それにより、栄養が不足しても命に別状が無い器官に送られる栄養をばっさりとカットしてしまいます。このような栄養がカットされる対象となる器官の代表が髪の毛です

ダイエットで栄養不足になると、髪の毛が細くなる、頭皮が透けて見えるようになるといった形ですぐにその影響は頭髪に現れてきます。

やっぱりバランスの良い食事

また、ダイエットだけでなく、バランスの良い食生活をしていない人も要注意。日常生活に野菜が不足している人はさらに注意。野菜が不足している人は髪の毛を作る際に欠かすことのできないビタミンが体内で不足している可能性があります。ビタミンなどの髪の毛の原料になる栄養素が不足することも、30代の女性の薄毛の原因になります。

野菜と栄養

では、バランスの良い食事をとって、栄養をしっかりと体に補給していれば、髪の毛はきちんと生えてくるはずですよね? ただ、実際には栄養をしっかりと摂取しているのに髪の毛の生成がうまく進まないケースがあります。

せっかくの栄養が無意味に!? 【冷えと血流】

特に冷え性の女性は要注意です。冷え性でなぜ体が冷えるのかと言えば、体の血行が悪くなっているためです。女性はもともと男性と比べると筋力が弱いです。筋肉は血液を循環させるポンプの役割を果たしており、筋力の弱い女性は男性と比較すると体内の血の巡りが悪くなりやすい傾向があります。

血液には体のさまざまな器官を巡って栄養を届ける役割があります。冷え性になると、体の血液の流れが悪化するため、体の末端部分である頭部には栄養がなかなか届かなくなります。頭部に栄養が届かなくなると、髪の毛を作る毛母細胞という細胞に十分な栄養が送られなくなり、髪の毛の生成が進まなくなります

したがって、髪の毛をつくる栄養の不足で薄毛になっている場合、

  • 栄養をしっかりと摂取すること
  • 血行を促進して摂取した栄養をきちんと髪の毛を作る毛母細胞に届けること

が育毛のためには大切になってきます。

 

あなたはパーマやカラー、はたまたエクステをつけたりしてませんか?

パーマ・カラーリング・エクステは髪に影響あり

30代の女性なら、カラーリングで明るい色に髪を脱色していたり、おしゃれなパーマをかけている人も多いでしょう。また、おしゃれな人はエクステをつけているかもしれません。

ただ、

  • パーマ
  • カラーリング
  • エクステ

は頭皮や髪の毛にいい影響を与えるようなものではありません。

例えば、パーマであれば、「1液」と「2液」という2つの液を使ってパーマをかけることになります。

パーマの際には、

  1. 1液で髪の毛内部のタンパク質の分子結合を切断して、
  2. 2液によって再びタンパク質を分子結合させる

といったことをやっています。

ただ、パーマ1液が髪の毛に浸透する際、髪の毛の表面のキューティクルが破壊されてしまいます。すると、破壊された部分から髪の毛内部の栄養素や水分が流れ出ていきます。これによって、髪の毛からハリやコシが失われてしまい、ちょっとした刺激ですぐに抜け落ちてしまうようになります。

髪の毛の痛みを気にする女性

また、パーマやカラーリングに使う液はかなり刺激の強い薬品です。

したがって、頭皮に誤って付着してしまうと、

  1. 体の免疫細胞が攻撃を始めて、頭皮の炎症が発生してしまうことがあります
  2. 炎症が発生すると、炎症している部分の毛母細胞の働きは弱まってしまいます。
  3. これにより、髪の毛を作る働きが阻害されてしまう。

よって薄毛の原因になることもあります。

そして、最後にエクステ。エクステは「エクステンション」の略称で髪の毛につける付け毛のことです。髪の毛を自然な形でボリュームアップしたいという人に人気があるファッションアイテムになります。ただ、このエクステ、けん引性脱毛症という薄毛症状を引き起こす可能性が高いものになります。

髪を結ぶ女性

けん引性脱毛症というのはポニーテールなどの髪形をしている女性に現れる薄毛症状として知られています。

ポニーテールなどの髪形をしていると、束ねた髪の重さにより、特定部位の頭皮が常に引っ張られている状態になります。その結果、引っ張られている部分の血行が常に悪い状態になるため、その部分の髪の毛がどんどん細くなっていきます。また、物理的に髪の毛の重さに耐える事が出来なくなり、抜け落ちてしまう髪の毛も増加します。このような原因で生じる薄毛症状をけん引性脱毛症と呼びます。

上記ではポニーテールの例を挙げて、けん引性脱毛症について説明してきました。ただ、現在ある髪の毛に付け毛をするエクステも、ポニーテールと同様に頭皮に負荷をかけるものになります。したがって、エクステをつけていると、エクステをつけた髪の毛の周辺でけん引性脱毛症が発生する可能性が高くなります。

 

どうやって髪の毛に栄養を与えてやれば良いのか?

髪を気にしてる女性

でわ、どうしたらいいのか?

ここからは30代の薄毛を改善するための対策方法について考えていきます。

ダイエットの栄養不足

まず、髪の毛を作る栄養の不足で薄毛になっているケースについてです。30代女性の薄毛に悩んでいる人で、ダイエットしている人は、ダイエットを思い切って止めてみましょう。ダイエットをストップするだけでも、薄毛が一気に改善するケースがあります。まずは特別な対策を行うよりも、薄毛を引き起こしている悪習慣を改善することが優先です。

といってもダイエットは体型を気にする女性にとって大切なことでもありますよね。だから無理なダイエットをしてないかのCHECKだけはしておきましょう。

ダイエットをしている覚えが無い人であれば、食事でうまく髪の毛をつくるのに必要な栄養素が摂取出来ていない可能性があります。このような人はバランスの良い食事をすることが必要になります。特に

  • アミノ酸
  • ビタミン
  • 亜鉛

は髪の毛の原材料となるケラチンを作るためには不可欠な栄養素です。積極的に食事に取り入れていくようにしましょう。

ただ、一言でバランスの良い食事といっても、料理が苦手な人、仕事が忙しくて食事に気を遣うことが出来ない人など、人それぞれさまざまな事情があります。したがって、食事のメニューを改善することで、栄養を摂取することが難しいようなら、育毛サプリメントを服用するのも検討しましょう

もう一つの選択肢【育毛サプリメント】

マイナチュレ サプリ

育毛サプリメントというのは育毛に必要な栄養素を効率よく摂取するためのサプリメントです。錠剤タイプやカプセルタイプで普通のサプリメントと同じように服用します。この育毛サプリメントを摂取するだけで、栄養の問題はかなり改善出来るでしょう。

また、育毛サプリメントには髪の毛をつくる栄養素だけでなく、

  • FAGAと呼ばれる薄毛症状の原因になる5αリダクターゼを抑制するノコギリヤシ
  • 女性ホルモンの働きを強化してくれるイソフラボン
  • その他頭皮環境改善に役立つ成分

なども豊富に含まれています。薄毛に悩んでいるなら、ぜひ試してほしいのが育毛サプリメントです。

ただ、上記でも述べたように栄養素をしっかりと摂取したからといって、血行が悪ければ、その摂取した栄養素が毛母細胞に届けられることはありません。これを考えたときに使ってほしいのが育毛剤。育毛剤には頭皮の血行を促進する効果がある成分が豊富に含まれています。

例えば、

  • ニンジンエキス
  • センブリエキス
  • ジオウエキス

といったものがその代表的な存在です。これらの成分は滋養強壮の目的で漢方薬などに使われることも多いですが、育毛成分として育毛剤に配合することで、頭皮の血行を促進する効果が期待できます。

 

無添加育毛オールインワンサプリ[マイナチュレ]  などが安全性も高く人気です。

 

もしオシャレを我慢せずに薄毛を改善したいなら、育毛剤を試してみましょう。

オシャレしてる待ち合わせ中の女性

次にパーマ・カラーリング・エクステといったヘアファッションが原因になっている薄毛についてです

これらが原因で薄毛になっているなら、対策としてはこれらのヘアファッションを止めることが一番の対策になります。パーマ・カラーリングを止めて、エクステを外す、これだけでも一気に薄毛症状が改善することがあります。

とはいっても、ファッションにこだわりがあるなら、パーマ・カラーリング・エクステを止めることに抵抗がある人もいるでしょう。ちなみに、パーマ・カラーリング・エクステをしたままの状態で、薄毛症状を改善したいなら、やはり育毛剤を使うのがおすすめです。

育毛剤の成分効果

育毛剤には頭皮環境を改善するための保湿成分・抗炎症成分などが含まれています。パーマやカラーリングをしている人の頭皮は炎症を起こしがちです。

このような炎症には

  • グリチルリチン酸2Kという漢方薬で使われる甘草から抽出された成分
  • ビワの葉から抽出されたビワ葉エキス

といった成分が高い効果が期待できます! パーマやカラーリングをしている人はこのような成分が配合されている育毛剤を使ってみることをおすすめします。

ちなみに、エクステについては育毛剤でケアするのと併せて、こまめに外すことを意識してやりましょう。一日中エクステをつけた状態でいると、ほぼ間違いなく、エクステをつけている髪の毛周辺の血行が悪化していきます。外出する時のみエクステを着けて、それ以外の時は外すといった使い方をすることで、エクステをつけたことによる血行の悪化を最小限に抑えることができます。

エクステの場合、エクステを常につけた状態でいると、育毛剤だけではなかなか薄毛症状を改善する事が出来ません。したがって、こまめにエクステを外してやる、もしくは薄毛が気にならなくなるまでいったんエクステを外した状態で生活するといった対策をおすすめします。

 

まとめ

キレイな髪の女性

30代女性が薄毛に悩む場合、その原因には2つのものが考えられます。

▼髪の毛を作る栄養の不足
▼パーマ・ヘアカラー等による頭皮のダメージ

対策としては、

髪の毛を作る栄養が不足している場合

ダイエットを止める(ムリなダイエットをしてないか見直す)、食生活を改善するといった対策が有効になります。また、簡単に髪の毛を作る栄養を補給したいなら、育毛サプリを服用することもおすすめです。

パーマ・ヘアカラー・エクステによる頭皮のダメージについては

このようなヘアファッションを止めることが最も良い解決策になります。ただ、パーマ・ヘアカラー・エクステを止めたくないのであれば、育毛剤を使って頭皮のケアを行っていくのが良いでしょう。

 

育毛剤は30代女性の薄毛を改善するのに無くてはならない強い味方になります。このサイトでは独自の視点で女性用育毛剤を徹底検証し、おすすめの育毛剤をランキング形式で紹介しています。

この記事を読んで育毛剤が気になった場合は、こちらのランキングも併せてチェックしてみましょう!