出産後、急に髪が抜けやすくなったりボリュームがダウンしたり、

髪の毛に関する悩み事を感じるママさんは結構多いようです。

 

いつまでこんな状態が続くのかと思うと、とても不安になりますよね。

 

そんな気になる産後の抜け毛対策について、リサーチしてみました。

 

産後の抜け毛の原因。なんといっても◯◯

妊婦 泣く

一番の原因は、なんといってもホルモンバランスの崩れです。

これは、妊娠期からのホルモンバランスの動きを追ってみると分かります。
妊娠をしたとき、週数を経るごとに女性ホルモンの分泌量が増え、出産前後あたりにピークを迎えるといわれています。

女性ホルモンには、

  • 女性らしさを構成する卵胞ホルモン・エストロゲン
  • 妊娠中の体調を維持する黄体ホルモン・プロゲステロン

の2つがあります。

※プロゲステロン・・・女性ホルモンの一つで、排卵後に分泌され妊娠のさまざまなことに関わる。別名「妊娠を助けるホルモン」

 

通常ではこの2つのホルモンは生理周期に合わせてバランスをとって分泌されるのですが、妊娠を機にプロゲステロンが急激に増えます

 

そしてこのプロゲステロンの重要な働きの中に、毛髪の成長促進があるのです。

 

人によっては、妊娠中にいつもより毛深くなったという話を聞いたこともあると思いますが、黄体ホルモンによるものだったのですね。
プロゲステロンの影響で毛周期が劇的に変化して、抜け落ちるはずの髪がそのまま残ってしまう作用なのです。

妊婦さんのプロゲステロンの周期

ところが出産し妊娠期間が終わると同時に、プロゲステロンの分泌量も元に戻るとともに髪の毛も抜けていきます
いわゆる産後脱毛症と言われますが、毛周期が正常に戻ることなので病気ではありません。
妊娠中に毛量が多くなっていたのと比較して、急激に抜け落ちてくるので心配になるのです。

産後抜け毛はホルモンバランスが元に戻る6カ月~1年の期間内に落ち着くことがほとんどです。

しかし、それでも一向に回復しない場合は、別の原因も考えられます。
慣れない子育てや授乳などの不規則な生活からくるストレスや疲労、これを放置しておくと改善しないことがあります。

 

いつまで続く?放っておいて大丈夫?

髪を気にする女性

プロゲステロンの増減

産後脱毛症はおおむね産後2~3カ月ほどから始まるといわれています。

これは、妊娠期間中に急増したプロゲステロンが元の分泌量に戻るのに要する時期と重なっています。
プロゲステロンが絶えず出ていた妊娠期には、抜けるはずの髪が抜けなかったため、見かけ上の毛の量が多かったのです。

しかし出産を終えて女性ホルモンが整ってくると、発毛促進のホルモンの量も落ち着いてくるので一見減ったように感じるだけで、実際は元に戻っただけです

つまりこの段階で妊娠前のホルモンバランスに戻ったので、抜けたように思う時期があっても徐々に回復していると考えていいのです。
目安としては産後半年~1年といわれますが、それを過ぎても回復しない場合は医師に相談するのをお勧めします。

やはり「ストレス」は侮れない。

産後の抜け毛のもっとも大きい原因はホルモンバランスの変化によるものですが、第2の原因のストレスを侮ってはいけません。
出産後は手探りの育児によるイライラの積み重ね、睡眠不足による疲労の蓄積を訴えることが大変多いです。

ストレスは全ての病気の元といってもいいくらい、体に大きな影響があります。

ひどくなると産後鬱などの精神疾患、自律神経失調症などに移行するのでそうなると当然髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。
そして、ホルモンバランスの回復も遅れてうまく機能しないために、いつまでも抜け毛が止まらないという状態にもなりえます。
脱毛そのものよりも、むしろストレスケアのほうは放っておくべきではありません。

 

対策は?何ができる?

イラスト・髪ピイちゃん筆もち

産後の抜け毛対策はホルモンバランスの回復を待つのが自然の流れですが、他にも育毛剤を使ったりストレスマネジメントをしたり、体調管理面からアプローチしていきます。
その前に基礎知識として、髪の毛の生え変わりの周期について少し学習してみたいと思います。

髪の毛の周期。ヘアサイクル

毛髪の成長には一定の期間があり

  1. 発毛から成長期、
  2. 退行期から休止期、
  3. そして発毛

というサイクルが繰り返されます。

これらを毛周期と呼び、頭髪の場合、

  • 成長期は2~長くて6年ほど、
  • 退行期は2~3週間ほど、
  • 休止期は2~3ヶ月程度

と考えられています。

ヘアサイクル

通常であれば、頭髪全体のおよそ80%が成長期にあるといわれますが、産後脱毛症の場合はホルモンの作用で抜けずに残っていた毛髪が一気に抜けすぐに休止期に入ります。
成長がストップする休止期は約2~3ヶ月間続きますが、それが終わると発毛するため、生えてくる実感を覚えられるのはおよそ半年後となります。
そのサイクルを利用して育毛剤を使い、頭皮の血流を促進するなど、出来る限りでいいのでやっていくとだいぶ違ってきます。

ヘアサイクルにももちろん個人差は大きくありますが、長く見積もっても産後1年くらいには、ほとんどの人が妊娠前の状態に戻っていくといわれています。

ヘアサイクル以外の原因

しかし1年経ってもまったく回復せず、むしろ抜け毛が続いている場合は、ストレスや疲労によるヘアサイクルの乱れを疑ったほうがいいかもしれません。

公園で運動する女性

そのためには、ストレスの緩和や生活習慣の改善など体調管理の面での見直しや、食生活を考え直すなど、根本的な部分からのケアになってきます。
産後半年~1年の間は、頭髪の状態を定期的に観察し、早めに見つけて対策するといいでしょう。

多少の根気がいるのですぐに回復というのはとても難しいかもしれませんが、囚われすぎてストレスになると逆によくありません。
いつか元に戻って生えてくるから大丈夫、そのくらい大らかにいたほうが結果的に髪にもいいかもしれません☆

育毛剤を選ぶポイント4つ

女性用育毛剤育毛剤のラインナップ

育毛剤を選ぶさいにチェックしとくといい4つのポイントです☆

入っている成分

育毛に有効な成分がどのくらい含まれているか?

オーガニック成分だとさらに良い☆

また育毛剤の中には、体にやさしいオーガニック成分を使用しているものもあるので、そのように成分に注目して選んでいくのもいいかもしれませんね。

パッチテスト

注意する点は育毛剤を選ぶ際、必ずテストをするようにしましょう。
なぜなら、ホルモンバランスの変化で肌質も敏感になっている可能性があり、普段は平気なものでもアレルギー反応を起こすことがあるからです。
使用上の注意内に記載の方法でパッチテストを行い、異常が出たらその整髪料を使用するのは控えましょう。

授乳中OKか?

また授乳中などに使うことを勧めない製品もあると思いますので、注意事項をしっかりと確認し、不安なら病院へ相談しましょう。
有効成分に関して心配な場合も、医師や薬剤師に相談をおすすめします。

 

まとめ

ロングの黒髪の女性

女性にとって髪は命、たとえママになってもそれは変わらない、

いつまでも若々しく綺麗でありたいですね。

そのためにはもちろん、毎日お手入れをして労わることはとても大切になってきます。

 

美しい髪をキープする努力をしていれば、綺麗は自分で作れます☆