髪を気にする女性

薄毛に悩み始めたあなたは、もしかしたら、育毛剤に興味を持ち始めているのではありませんか?

ただ、育毛剤について本格的に調べ始めると、非常にたくさんの種類があることに気づいて驚くはずです。ひと昔前までは育毛剤というと、男性用のものばかりで、女性用育毛剤はマイナーな存在でした。

しかし、近年は薄毛に悩む女性の存在が知られるようになってきたこともあり、女性用育毛剤は充実の一途を辿っています

ちなみに、女性用育毛剤について調べ始めると、

  • 発毛剤
  • 育毛剤

という2つのものに遭遇するはずです。

一見どちらも同じように薄毛改善に効果があるように見受けられます。いったい何が違うのでしょうか?

今回の記事では【発毛剤と育毛剤】の違いについて説明していきます。

 

あなたは発毛剤と育毛剤の違いが分かりますか?

薬機法の法律イメージ

発毛剤と育毛剤、あなたはこの2つの違いが分かりますか?

「片方は髪の毛を生やす薬で、もう片方は髪の毛を育てる薬、どっちも同じじゃないの?」

たしかに発毛剤も育毛剤も薄毛の改善を目的としているという点では共通のものです。ただ、発毛剤と育毛剤にはやはりさまざまな違いがあります

法律上での分類

そもそも、発毛剤と育毛剤は「法律上での分類」が異なっています

育毛商品などをその効能に応じて、細かく分類した法律が「薬機法(旧薬事法)」というものになります。発毛剤と育毛剤はこの薬機法上での分類が異なっています。

薬機法においては医薬品を3つのカテゴリーに分類します。それが

  • 「医薬品」
  • 「医薬部外品」
  • 「化粧品」

というカテゴリーです。

発毛剤は「医薬品」

「発毛剤」と呼ばれているものは薬機法上の分類で「医薬品」というカテゴリーに分類されます。

発毛剤は国から発毛効果を認められた成分を配合している育毛商品です。したがって、発毛剤は広告においても「髪の毛を生やす!」といった表現を使うことが認められています

このような表現が認められているのは発毛剤に分類される育毛商品のみで、育毛剤に分類される育毛商品がこのような表現を使うことは禁止されています。

育毛剤は「医薬部外品」「化粧品」

これに対して、「育毛剤」「医薬部外品」「化粧品」に分類される育毛商品のことを言います。

医薬部外品

マイナチュレ箱裏面の医薬部外品表示

◯医薬部外品には「髪の毛を育てる効果」

◯化粧品には「容貌を整える効果」

があると言われています。

ちなみに、医薬部外品と化粧品の違いは、その育毛商品に含まれる有効成分の配合数や配合量が基準を満たしているかという点です。

有効成分は国から髪の毛を育てるのに一定の効果があると認められた育毛成分のことです。

例えば

といった成分がその代表です。このような成分が国の基準に従ってしっかりと配合されていると、医薬部外品の認定を受けることが出来ます。

化粧品

育毛剤の工場

これに対して、化粧品に分類される育毛剤は有効成分の配合量などが国の基準を満たしていない商品になります。

このように言うと、化粧品分類の育毛剤は、医薬部外品の育毛剤よりも、その育毛効果が劣るように聞こえるかもしれません。

しかし! 最新の育毛研究で開発された新成分などが配合された育毛剤は、化粧品という形で販売されるケースが多くみられます

その理由は有効成分の認定に時間がかかるためです。国が有効成分として認定するのを待っていると、いつまでも新開発した育毛成分を育毛剤に配合することが出来ないことになります。そのため、あえて有効成分の認定が行われる前に新開発した育毛成分を配合して、商品を売り出すといった方針を取る育毛剤メーカーが多くみられます。

したがって、医薬部外品の育毛剤が化粧品の育毛剤よりも一概に優れているということはできません

以上が発毛剤と育毛剤の薬機法上の分類の話になります。ここからは発毛剤と育毛剤の働きについてさらに詳しくみていきます。

 

どうやって発毛剤は髪の毛を生やすのか

イラスト・髪ピイちゃん筆もち

発毛剤に分類される育毛商品が配合している医薬品成分の代表的な存在が

  • ミノキシジルと
  • フィナステリド

です。これらは薄毛治療を行うクリニックで処方される薬にも配合されています。

ただ、フィナステリドは女性に投薬することは禁止されているため、実際女性が使うことが出来る発毛剤はミノキシジル配合のもののみになります。

このミノキシジル配合の発毛剤として有名なのがリアップです。

リアップには男性用と女性用の商品が準備されていますが、女性用はミノキシジルの配合濃度を1%に抑えた「リアップジェンヌ」という商品になります。

リアップジェンヌ.jpg

ミノキシジルには毛乳頭細胞を刺激してアデノシンという物質の分泌を促す力があることが分かっています。アデノシンは体の中で栄養素を運んだり、神経のシグナルを伝達する役割を果たしています。ちなみに、このアデノシンにはFGF-7という「成長因子」の分泌を促進する働きが備わっています。

成長因子というのは細胞の細胞分裂を促進する働きを持つたんぱく質のことです。FGF-7には特に髪の毛をつくる毛母細胞の細胞分裂を促進する力があると言われています。まとめると、ミノキシジルは下記の流れで育毛を促進してくれます。

  1. 毛乳頭細胞を刺激して、アデノシンの分泌を促進する
  2. アデノシンがFGF-7の分泌を促進する
  3. FGF-7が毛母細胞の細胞分裂を促進し、髪の毛が生えてくる!

ミノキシジルのメカニズム図解

 

このような髪の毛を生やす働きが国に認められて、ミノキシジルを配合した育毛商品は発毛剤に位置づけられることになりました。

 

どうやって育毛剤は髪の毛を育てるのか

女性用育毛剤育毛剤のラインナップ

髪の毛を生やす効果を持っている発毛剤に対して、育毛剤はどうでしょうか。

残念ながら育毛剤には発毛剤に見られるような毛母細胞を直接的に刺激して細胞分裂を促進するといった発毛効果は備わっていません。

「えっ! じゃあ育毛剤って意味あるの・・・?」

と思うかもしれませんね。

では、育毛剤にはどのような働きがあるのか? 育毛剤が備えている働きは大きく分けて下記の2つのものになります。

▼血行を促進して、髪の毛を作る細胞に栄養を供給する
▼頭皮環境を改善して、フケ・かゆみなどを抑える

育毛剤の働き「血行促進」

毛母細胞と血行促進

血行促進は育毛剤の大切な働きの一つです。

頭皮の血行が悪化してくると、毛母細胞に十分な栄養が届かない状態になります。

すると、毛母細胞の細胞分裂が弱まってしまい、健康な髪の毛が作られなくなります。

毛母細胞の細胞分裂が弱まった状態で生成された髪の毛は細く・短いものになり、ちょっとした刺激で抜け落ちてしまいます。

これにより抜け毛が増えてしまい、それが薄毛につながることがあります。

血行を促進することは毛母細胞に栄養を供給して、健康な髪の毛を生成できるようにサポートすることにつながります。

育毛剤の働き「頭皮環境の改善サポート」

頭皮環境を整えるのが鍵

次に頭皮環境の改善サポートです。頭皮にフケ・かゆみがある人は頭皮で炎症が起こっている可能性が高くなります。

頭皮で炎症が起こると、炎症が起こっている箇所の毛母細胞の働きが鈍るため、髪の毛の生成に悪影響を与えます。

したがって、育毛剤では頭皮の炎症を抑える抗炎症作用を持つ成分、炎症を引き起こす要因となる頭皮の乾燥を防ぐ保湿成分を配合しています。

これによって、頭皮の環境を改善して、毛母細胞が働きやすい環境を整えるのも育毛剤の重要な役割です。

このように育毛剤にも、髪の毛の生成を促進する上で欠かせない働きが備わっています。

発毛剤が毛母細胞を直接刺激して発毛を促進するのに対して、育毛剤は毛母細胞が働きやすいような環境を整えるといった意味合いの強い育毛商品になってきます。

 

なぜ女性の薄毛には育毛剤で十分効果が期待できるのか

ここまで発毛剤と育毛剤を見てきて、

「発毛剤の方が髪の毛を生やす力が強そうだな、だったら発毛剤を選ぼう!」

と思っているかもしれません。

ただ、女性の薄毛については、実は発毛剤よりも育毛剤の使用がおすすめです

その理由は発毛剤には高い発毛効果が期待できる反面、副作用の問題があるためです。

上記で紹介したミノキシジルには頭皮の腫れ・かゆみ・赤みといった頭皮トラブルが多数報告されています。厚生労働省のホームページにも、「リアップ」の副作用について調査したデータが掲載されています。

調査施設は518施設、症例数は3,072例であり、報告された副作用は271例、378件、副作用発現率は8.82%でした。
※https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000047494.html 厚生労働省ホームページ

このように、リアップを使用した人の約8.82%には何らかの副作用が現れることが厚生労働省の調査で明らかになっています。

リアップジェンヌ.jpg

もっとも、この調査対象のリアップは男性用の「リアップX5」であるため、ミノキシジル配合濃度の薄い「リアップジェンヌ」はより安全性が高いものになります。

ただ、それでも頭皮トラブルの副作用が出る可能性については否定できません。

特に女性の場合、男性よりも肌がデリケートであるという特徴があります。そのため、頭皮トラブルを引き起こすような成分の使用は避けた方が無難でしょう。

したがって、女性の薄毛であればより安全性の高い育毛剤を使って薄毛対策を行っていくことをおすすめします

ちなみに、男性の薄毛症状は完全に頭がはげあがってしまうことからも分かるように、女性の薄毛症状よりもその症状が激しく現れることになります。したがって、男性の薄毛対策を考えた場合、多少は副作用の心配があっても、より効果の高い発毛剤を用いて治療を行う必要が出てくる場合もあります。

ただ、女性の薄毛は男性の薄毛と比較すると、その症状はかなり軽微です。したがって、育毛剤で血行を促進したり、頭皮環境を改善してやるだけでも十分に髪の毛が生えてくる可能性があります。そのため、女性が薄毛対策を行う場合、育毛剤を使って対策を行っていくことをおすすめします。

そして、もし育毛剤を使っても、育毛効果が芳しくないようなら、その時点で発毛剤の使用を考えるのが良いでしょう。

 

まとめ

髪がキレイな笑顔の女性

これまで発毛剤・育毛剤の違いという観点から、女性の薄毛対策について述べてきました。

世間では育毛剤とひとまとめにしていますが、実際には発毛剤・育毛剤という2つの分類に分けることが出来ます。

発毛剤と育毛剤については薬機法という法律で厳密に規定がなされており、

  1. 医薬品に分類されるものが発毛剤
  2. 医薬部外品・化粧品に分類されるものが育毛剤

になっています。

発毛剤

なお、女性用「発毛剤」に使われている成分の代表はミノキシジルです。

ミノキシジルには毛乳頭細胞を刺激してアデノシンという成分を分泌させることにより、毛母細胞を刺激して発毛を促進することが出来ます。

ちなみに、発毛剤は高い効果を持つ半面、副作用の心配を拭い去ることができません

例えば、ミノキシジルを配合したリアップは、厚生労働省の調査において、頭皮トラブルなどの副作用が出る可能性が指摘されています。

したがって、女性の薄毛対策は、安全性の高い育毛剤を用いて行っていくことをおすすめします。

女性用育毛剤

これに対して、女性用育毛剤では血行促進・頭皮環境改善といったアプローチで育毛を目指します

発毛剤のように直接的に髪の毛を生やす効果は期待できません。

かわりに、毛母細胞が働きやすい環境を作ってやることで、自然に髪の毛が生えるようにサポートしていくのが育毛剤の働きになります。

副作用も発毛剤に比べるとはるかにリスクが少ないです。

 

当サイトでは薄毛対策に用いる女性用育毛剤でおすすめのものをランキング形式でまとめています。そちらもぜひ参考にしてみて下さい。