女性にとって髪は命!!

と言っても過言ではなく薄毛は何より大敵、

 

「髪型がきまらない」

「どんなオシャレをしていいのか分からない」

 

という悩みも出てきますね。

しかし、たとえ髪がボリュームダウンしてしまったとしても大丈夫、

ウィッグなどを使えばオシャレはできてしまいますよ。

 

かつらやウィッグの使い方、スタイリングの方法などについてリサーチしてみました。

 

かつら・ウィッグをフル活用

今まではかつらやウィッグをつけると聞くと、

「なんだか恥ずかしい」

「年寄くさいと」

感じる方がとても多かったと思います。

しかし年々見た目年齢は若くなり、一昔前の40代と現代の40代が明らかに違うことは言うまでもありません。
そのため、年齢を重ねてもおしゃれしたい、いくつになってもずっときれいでいたいという意識が女性たちに広がっています。

そういう時代背景に伴って、

ウィッグやかつらはもはやファッションアイテムの1つになっているのです。

特に今時のウィッグやかつらはとても進化しており、付けているかどうか分からないほど自然な仕上がりになれるものもあるくらいです。

種類は大まかに3種類です

ところで、女性用のかつら・ウィッグにはどんなものがあるのでしょうか。

  • 手のひらくらいのサイズで頭頂部に使うヘアピース
  • 耳から上、前髪もカバーするハーフウィッグ
  • 全てを覆うフルウィッグ

と3種類に分かれています。

この中から薄くなってきた部分の悩み別と髪色に合わせて適切なものを使っていきます。

 

たとえば、加齢による薄毛が最も目立ってきやすいのが頭頂部ですね。

髪の毛が痩せて細くなり、コシも少なくなってボリュームダウンするので地肌が目立ってくるようになります。
そんな時に最適なのは部分用かつらのヘアピース、頭頂部に乗せてストッパーをかけて地毛となじませて出来る、とても簡単なものです。
さらに自分の髪色に合ったものを作れるうえに、かなりお手頃価格にもなってきているので、今人気が出ています。

かつらの写真

他にも症状に合わせてハーフ、フルのウィッグを使用する場合もあると思います。
このタイプの髪を隠す部分が多くなってくるものは、薄毛をカバーしながらあえておしゃれを楽しむ人もいます。
脱毛が進行してしまいショートヘアを余儀なくされたけどロングヘアーのフルウィッグを活用したり、違ったカラーのものを試したり、こんな風にも楽しめます。

ヘアースタイルが決まって前向きになれて、お出かけも楽しくなって健康も取り戻せる、かつらやウィッグの効果はすごいですね。

 

薄毛になったときのスタイリングの注意点

髪を結ぶ女性

ウィッグ初心者の方でも、最初はなかなかうまくスタイリングできなくても、徐々に慣れてくれば自然にできるようになります。

  • 前髪
  • つむじ
  • 分け目

など、頭全体の中で最も薄毛になりやすい箇所は髪型を左右するとても大切な場所です。
トップのボリュームが出せない、前髪がうねってうまく流れないなどでヘアースタイルが決まりにくくなっているのです。

薄毛女性のスタイリングポイント3つ

スタイリングするときに注意するポイントは、

  • 分け目を同じにしないこと
  • 前髪のスタイルを工夫すること
  • ドライヤーの使い方

です。

「分け目」がくっきりと目立ってきたという変化はよく聞かれますね。

これは同じ部分を分けて癖になっていることで薄くなっているのです。

しかしこまめに分け方を変化させることで予防も可能です。
また「生え際」も薄毛に気づきやすい部分の1つ、いつも同じ前髪にしていると分け目と同様目立ってきます

  • 奥から多めにとってみる
  • シースルーバングに挑戦する
  • または思い切っていっそのこと上げてみる

など、色んな形で試してみましょう。

頭頂部の写真

さらに頭頂部もまた、地肌が浮き出やすく気になる部分ですね。
トップのボリューム不足に悩む声が大きいところ、ここはドライヤーを使って膨らませることで華やかな印象になれます。
また長さもロングよりできればショートくらいがおススメとも言われます。

なぜなら、ロングヘアーでは重力に従って髪が引っ張られてしまい、頭頂部の薄さが目立ちやすいからです。

短くすればその問題が解決されて、ボリュームアップしやすくなります。

そしてプラスオンでヘアピースをつけるのはもちろん、スカーフやバンダナ、ヘアーバンドをうまく使えばさらなるおしゃれにトライできます。
ヘアアクセサリーをコーディネートに合わせて選ぶこともまた、新しい楽しみ方の1つになるかもしれませんね。

 

いつもの頭皮ケア、そして自分へのメンテナンスも忘れずに

ヘアサイクル

髪の毛が育つには一定のサイクルがあるため、育毛ケアの効果を実感するには時間がかかります
自分に合ったシャンプー、育毛剤と出会い頭皮マッサージなどのケアを続けて早くても半年くらい、と言われます。
しかし、あきらめないで続けていけば、進行を食い止められるなど髪質が改善する可能性も十分に残されているのです。

時計

 

現実、毎日自分の地肌を見てはため息をついてしまう、人目が気になり外出も恥ずかしくなることもあるでしょう。
そんな時こそ、ウィッグやヘアアクセサリーをフル活用させて、思う存分おしゃれを楽しんでしまったほうがいいのです。

 

なぜなら薄毛の原因は加齢だけではなく、生活習慣やストレスなども多いに関係してくるのです!!

 

女性ホルモンが年々減少していくことはどうしても止められませんし、女性ならいずれは誰もが経験する道です。

40代を過ぎると毛髪に限らず、

    • 更年期
    • 各種の生活習慣病
    • 女性特有の疾患

などあらゆる不安が出てくる不安定な時期でもあります。

ホルモンバランスの崩れ

また環境面でも

  • 子育てや受験などの学校の問題
  • 仕事面
  • さらには親の介護

などでストレスがとても溜まりやすい状況になってきます。
しかし若い頃、独身だった頃のように好きなことを思う存分、とはいかなくてもこの年代だからこそできる解消法もまた同じくらいあるのです。

 

「髪の毛も薄くなってきたしお肌も年々乾燥していくし、もう年だから・・・」

 

と嘆くよりも、好きなファッションをして積極的に外に出たいと思いませんか?

薄毛を気にして下を向いてしまうよりも、ウィッグを有効活用してイキイキしている女性はそれだけでも十分綺麗で素敵な存在です。

でも彼女たちも見えないところでは、日々のケアや健康維持を怠らず、根気よく頑張っているのかもしれません。
髪のためにも、綺麗のためにも、ひいては女性の人生としても自分へのメンテナンスはヘアケアと同じくらい大切です。

平均寿命が延びて長生きするようになり、心身ともに実年齢よりも若々しい人が年々増えています。
ウィッグやかつらも時代に合わせて今はとても進化し、かつての恥ずかしいものではなくオシャレアイテムの1つとしても認識され始めました。

 

ウィッグの販売店はいろいろありますが、

 

毎日をストレスが少なくできるだけ笑顔で過ごすためにも、悩みすぎないでウィッグをつけて出かけてみましょう。