髪の毛の痛みを気にする女性
30代を過ぎて40代に突入し、肌の衰えや体のたるみから女性としてのピークを過ぎたのかなという実感を覚える頃、直面する事が多いのが薄毛の問題です。

 

40代を過ぎると、多くの人が若い頃より髪の毛が薄くなってきたと感じるはずです。「髪は女の命」ということわざは伊達ではなく、薄毛は容姿の衰えにすぐつながります。髪の毛が薄くなってくると、一気に老けた印象を周囲に与えることになります。

「もう、40歳も過ぎたし、仕方ないか…。」

と思っているあなた。まだあきらめるのは早いですよ! 40歳を過ぎても、美しい…そんな女性でいたいと思いませんか。

髪ピイちゃん_悩む

40代を過ぎて20代のような若さをキープするのは無理な話ですが、老化のスピードを緩やかにすることは全然可能な話です。特に髪の毛はしっかりと対策すれば、40代以降でも豊かなボリュームをキープすることが出来ます。

今回の記事では40代以降の女性の薄毛に焦点を当てて、薄毛になる原因と40代以降の女性の薄毛に特化した対策方法を紹介していきます。ぜひ、参考にして下さい。

 

なぜ、40代以降の女性の髪の毛は薄くなっていくのか?

40代薄毛の原因-

 

20代・30代で薄毛に悩む女性が近年は急増しています。その理由はダイエットによる栄養不足・パーマやヘアカラーなどによる頭皮のダメージを筆頭にさまざまなものが挙げられています。

ただ、40代以降の女性の髪の毛が薄くなるというのは昔から言われていました。少し前まで40代以降の女性の薄毛には、効果的な対策方法がありませんでした。ただ、近年は女性の薄毛の研究も進んできており、しっかりと対策すれば、40代以降の女性でも髪の毛を増やすことが可能になってきました。

ちなみに、20代・30代の女性の場合、薄毛の原因としてさまざまなものが考えられるのに対して、40代以降の女性の薄毛の原因はシンプルです

 

40代以降の女性の薄毛の原因、それはずばり「女性ホルモンの減少」です。

30代後半以降、体内における女性ホルモンの分泌量は大幅に減少していきます。

 

ところで、「男性の髪の毛」というと強くてしっかりした髪の毛をイメージする人が多いです。ただ、実際には男性の髪の毛は細くて弱々しいものです。これに対して、実は女性の方が太くしてしっかりとして髪の毛を持っています。

ホルモンバランスの崩れ

 

では、なぜ「女性の髪の毛」は太くてしっかりしているのか。その理由は女性ホルモンに髪の毛の成長を促進する働きが備わっているためです。この髪の毛の成長を促進する働きを持つ女性ホルモンの分泌が減少する、これによって髪の毛が弱ってくるのが40代以降の女性の薄毛の大きな原因です。

 

女性ホルモンの減少が引き起こす2つの症状

では、女性ホルモンが減少すると、具体的にはどのような問題が引き起こされるのでしょうか。女性ホルモンの減少が髪の毛に与える影響としては2つのものを挙げることが出来ます。

▼男性ホルモンの働きが活発になり、FAGAの症状が現れる

▼頭皮から潤いが失われ、頭皮環境が悪化する

AGAの女性版のFAGA

ちなみに、よく勘違いされるのですが、女性だからといって体の中に女性ホルモンだけが分泌されているわけではありません。男性と比べると圧倒的に少量ですが、女性の体の中にも男性ホルモンが分泌されています

そして、男性ホルモンと女性ホルモンは体内でバランスを取りながら働くようになっています。女性ホルモンが強く働いている場合、男性ホルモンの働きは抑えられ、反対に女性ホルモンの働きが弱まってくると、男性ホルモンの働きが活発化します。したがって、加齢の影響で40代以降の女性の女性ホルモン分泌量が減少してくると、男性ホルモンの働きがどんどん強くなってきます

ところで、薄毛と言えば、女性よりも男性にその悩みを抱える人が多くみられます。また、男性の場合は女性のように少し髪の毛が薄くなるといった程度ではすまず、本当に髪の毛が無くなるところまでハゲあがってしまうという特徴があります。この男性の激しい薄毛症状を引き起こす原因になっているものが、AGA(男性型脱毛症)です。

男女の薄毛メカニズム

AGAは男性ホルモンの働きが活性化して、体内に存在する5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生成されるのが引き金になります。
このDHTには毛乳頭細胞アンドロゲンレセプターという部位と結合する性質があります。
毛乳頭細胞は本来、髪の毛を作る際の旗振り役の役割を担っており、髪の毛を作る毛母細胞に髪の毛を作るように指令を出す役割を果たしています。

しかし! DHTと結合すると、毛乳頭細胞から「髪の毛を抜けさせろ!」という脱毛指令が出るようになります。これによってどんどん髪の毛が抜けていくというのがAGAの症状です。細胞自身が積極的に髪の毛が抜けるように働き始めるため、栄養不足・血行不良といった他の要因によって引き起こされる抜け毛症状よりも激しく薄毛が進行するという特徴があります。

AGAの薄毛メカニズム

ちなみに、女性の場合、男性ホルモンの量は男性の20分の1程度と言われています。そのため、20代・30代の若くて女性ホルモンの分泌が活発に行われている頃には、男性ホルモンが影響して薄毛になるというのはまず考えられません。

ただ、女性ホルモンの分泌量は30歳頃にピークを迎え、ピークを過ぎると、一気にその分泌量が減少していきます。40代前半でピーク時の半分程度、50代ではピーク時の1/3程度まで減少します。ここまで急激に女性ホルモンが減少してくると、必然的に男性ホルモンの働きが強まってきます。その結果として、男性同様に体内でDHTが生成され、AGAの症状を生じることになります。

なお、この女性のAGAの症状はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれ、近年研究が進んでいる分野です。このFAGAは40代以降の女性の薄毛を引き起こす一つの要因になっています。FAGAもそのメカニズムは男性のAGAと全く同じです。

頭皮も大事なお肌

頭皮の悪化

女性ホルモンのエストロゲンには

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸

といった肌の保湿成分の生成を促進する力があります。女性が年を重ねるにつれて、肌から潤いが奪われていくのはこのエストロゲンが減少することも大きな理由です。

ちなみに、頭皮も肌の一部であるため、女性ホルモンの減少によって潤いが失われていくというのは同じです。

そもそも女性の頭皮は男性と比較すると、保湿成分である皮脂の分泌が少ないため、乾燥しやすいという特徴があります。もともと乾燥しやすい女性の頭皮から、女性ホルモンの減少で潤いが失われることにより、40代以降の女性の頭皮は非常に乾燥しやすくなっています。

頭皮が乾燥すると、フケ・かゆみが起こりやすくなります。特にフケは毛穴をふさいで、フケをエサにする雑菌の繁殖を引き起こすことがあります。これにより頭皮の炎症が生じると、髪の毛を作る細胞の働きも鈍ってしまい、薄毛の原因に繋がります。

 

ついに登場、FAGA対策効果を持った女性用育毛剤

40代以降の女性が薄毛に悩んでいるなら、まずFAGAを疑ってやる必要があります。FAGAによる薄毛の対策としては、基本的に男性のAGA対策と同じ考え方で進めていくことになります。男性のAGA対策の基本的な考え方は下記の2つになります。

▼男性ホルモンの働きを抑制する
▼5αリダクターゼの働きを抑制する

また、AGAの対策は基本的に育毛剤で行っていきます。そのため、FAGA対策においても女性用の育毛剤を用いて対策を行うことが重要になります。

まず、男性ホルモンの働きを抑制するという点について

大豆

男性ホルモンの働きを抑制したいなら、女性ホルモンの働きを高めてやることが有効です。女性ホルモンの働きを高めることを考えたときに、ぜひ摂取したい成分がイソフラボンです。イソフラボンは体内で女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをします。したがって、イソフラボンを積極的に摂取してやることはそのまま女性ホルモンの働きを高めることにつながります。

そして、このようなイソフラボンを豊富に含んでいることで知られているのが大豆やヒオウギです。これらのものから抽出した大豆エキス、ヒオウギエキスは女性用育毛剤でよく名前を見かける成分です。40代以降の薄毛の改善を考えた場合、このような成分が含まれているかどうかはまずチェックしたいポイントになります。

問題児「5αリダクターゼ」を抑制できる成分とは・・・

マイナチュレがおすすめ!

男性がAGA対策を行う場合、DHTを生み出す原因になる5αリダクターゼを抑制することも重要になります

実はひと昔前までの女性用育毛剤には5αリダクターゼを抑制する成分がほとんど含まれていませんでした。そのため、FAGA対策効果はあまり期待できませんでした。ただ、近年は市販の女性用育毛剤の中にも、5αリダクターゼを抑制する力を持つ成分を配合しているものが増加しています。

中でもオウゴンエキスを配合しているマイナチュレはおすすめしたい育毛剤です。オウゴンエキスは男性用育毛剤にも配合される定番成分で、非常に高い5αリダクターゼ抑制効果を持っています

男性のAGAの場合、DHTの生成が非常に活発なため、症状が進んでくると、オウゴンエキスだけでは薄毛症状が抑制できなくなります。その場合、AGAクリニックのような専門治療機関でAGA治療薬を処方してもらう必要が出てきます。

ただ、FAGAの場合、男性のAGAと比較すると、それほど激しい薄毛症状が出ることも無いため、オウゴンエキスのような市販の育毛剤に配合される5αリダクターゼ抑制成分でも十分に効果が期待できます

オウゴンエキスを配合している女性用育毛剤はまだほとんど見られないため、マイナチュレは非常に貴重な存在です。

FAGAに悩んでいるなら、まずマイナチュレを試してみることをおすすめします。

→マイナチュレを試してみる

 

もし頭皮環境が悪化しているなら、育毛剤+◯◯がおすすめ

頭皮ケアどうしよう・・・

40代以降の女性の薄毛を改善するためには、頭皮環境を整えることも大切です。

上記でも述べたように40代以降の女性の頭皮は乾燥して炎症を引き起こしやすい状態になっています。そのため、40代以降の女性の頭皮環境を改善するためには、頭皮に潤いを与えて保湿してやることが非常に大切になってきます。

頭皮の保湿には・・・

頭皮の保湿をするためには、保湿効果のある成分を配合した育毛剤を使ってやることが効果的。例えば、

  • ボタンエキス
  • アロエエキス
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ

といった成分は抜群の保湿効果を持っています。このような成分が配合された育毛剤を使うのがおすすめです。

ただ、女性の頭皮の乾燥がひどくなってくると、それに伴い頭皮の血行も悪化してしまい、頭皮がカチカチの状態になる場合があります。さらに乾燥によって発生したフケで毛穴が詰まっているケースも多くみられます。

頭皮がカチカチになり、毛穴がフケで詰まってしまうと、育毛剤を使っても、頭皮から育毛剤の成分がうまく浸透していきません。ただ、このような場合でも、育毛成分をナノ化している育毛剤であれば、しっかりと頭皮から浸透して育毛効果を発揮する事が出来ます。

頭皮を両手でつかんで前後に動かしてみて、頭皮が動かないような状態であれば、頭皮がカチカチになっている証拠です。このような状態の人は育毛成分をナノ化している育毛剤を使ってみるのもよいでしょう

代表的なナノ化採用の女性用育毛剤にベルタ育毛剤育毛剤「サイクル-CYCLE」があります。

育毛剤|サイクルのナノ化技術

 

育毛シャンプーも育毛剤の効果を高めます!

また、頭皮がカチカチの状態になっているなら、育毛剤と併せて育毛シャンプーを使って頭皮ケアを行ってやるのもおすすめです。育毛シャンプーの特徴はアミノ酸系洗浄成分という洗浄力を抑えた洗浄成分を配合しているんです。

「市販の通常のシャンプー」に配合されている洗浄成分は非常に洗浄力が強いため、頭皮の汚れを落とすにあたって、頭皮に分泌されている皮脂も根こそぎ洗い流してしまいます

上記でも少し触れましたが、皮脂というのは頭皮に潤いを与える天然の保湿成分としての役割も果たしています。したがって、市販のシャンプーを使うことは頭皮の皮脂を洗い流して、頭皮を乾燥させる原因になってしまいます。

マイナチュレシャンプーがオススメ

しかし育毛シャンプーには保湿成分である

  • プラセンタ
  • ホホバオイル

といったものを配合している商品も多く、これらの成分も頭皮に潤いを与えるのに一役買ってくれます! したがって、40代以降の女性であれば、育毛剤と併せて、育毛シャンプーを使うことをおすすめします。

オススメはマイナチュレシャンプーです。

まとめ

40代薄毛の原因と対策まとめ

40代以降の女性が薄毛に悩む場合、その原因としては加齢による女性ホルモンの減少が考えられます。女性ホルモンの減少は次のような症状を引き起こします。

▼男性ホルモンの働きが活発になり、FAGAの症状が現れる
▼頭皮から潤いが失われ、頭皮環境が悪化する

これらの対策として、

FAGA対策も頭皮環境の改善も基本的には育毛剤を通して行っていくことになります。ちなみに、育毛剤でFAGA対策を行う場合、女性ホルモンの働きを高める成分や5αリダクターゼを抑制する成分が含まれているものを使うようにしましょう。

また、頭皮環境の改善は育毛剤と併せて育毛シャンプーを使って対策を行ってやることがおすすめです。育毛シャンプーを併用することで頭皮に潤いを与える効果がより高まります。

 

イラスト・髪ピイちゃん筆もち

40代以降の女性の薄毛については、上記でも述べたように育毛剤の使用は欠かせないものになります。当サイトでは独自の視点で女性の薄毛におすすめの育毛剤をランキング形式で紹介しています。

薄毛に悩んでいるなら、ぜひ参考にしてみてください!