「最近分け目がくっきりしてきた、なんだか地肌が目立つようになってきていやだわ・・・」

40代を過ぎるとこのように髪の毛が気になる女性が増えてきます。

 

びまん性脱毛症と呼ばれ、男性よりも女性に多くみられます。

 

びまん性脱毛症は

何が原因で起こるのか?

どんな特徴で対策は何か?

 

女性にとって憎き大敵である薄毛を撃退しましょう。

 

原因は一体どこにあるの?

びまん性脱毛である女性の参考写真

 

びまん性脱毛症の最大の原因は、加齢によるホルモンの変化といわれます。

  • 髪の毛を生やすのは女性ホルモンにあるエストロゲン(卵胞ホルモン)
  • 薄くなる原因は男性ホルモンのテストステロン

と言われています。

女性ホルモン<男性ホルモンになると・・・

加齢により女性ホルモンの分泌が減少していくと、男性ホルモンの影響が大きくなり、生えにくく抜けやすい現象を作りだしてしまいます。
またホルモンだけでなく、経年による頭皮への影響も十分考えられます。
コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分が減少すると、髪の生える土台である地肌が乾燥し、髪が痩せていきます。
それにより頭髪全体がボリュームダウンしたように見え、分け目や地肌がくっきりと目立ってくるのです。

 

ダイエット、カラーや洗髪も原因に・・・

ダイエット中の女性

その他の要因として

  • ストレス
  • ダイエット
  • 主にピルといった服薬
  • 頭皮への過剰な刺激

などの要素も絡んできているともいわれています。

白髪染めなどのカラーリングやパーマ、間違ったシャンプーの仕方や肌に合わない育毛剤の使用などもあります。
洗いすぎなど頭皮に過剰な刺激を与えると、やはり頭皮を傷つけたりするので、髪の生えにくい環境になってしまいます。

シャンプー

また食事制限などによる過激なダイエットをすると、髪に必要な栄養成分が行き渡らなくなり、結果として毛髪まで痩せてきてしまうのです。
さらにダイエットによるストレスも重なってくるため、頭皮の血流が滞り悪化してしまうこともあると影響は大きいですね。

 

びまん性脱毛症の特徴とは

生え際を気にする女性

びまん性脱毛症は部分的でなく「髪全体が薄くなる」のが特徴です。

 

びまん性脱毛症には男性の脱毛とは少し異なった特徴があります。

【男性脱毛症】では毛根が弱くなって頭髪自体が抜け落ち、生え際や頭頂部のやや後方、頭頂部などから進行します。
やがて地肌の露出が目立ち始め、場合によっては部分的に急激に抜けて目立ってくるので、突然気づくということもよく聞きます。

一方、【女性の脱毛】は男性のように急激に抜け落ちることは少なく、ゆっくりと進行していきます。
頭髪の本数が減るのではなく、全体が細くコシがなくなり髪が薄くなったように感じます。
毎日のお手入れやヘアスタイリングの時に、徐々に薄くなっていくように段階を経て気づいていきます。

さらに加齢によってコラーゲンなどの潤い成分が減少したことで、頭皮や毛髪のパサつきも目立ってくるのです。

 


  ※音が出ます。

 

対策のために覚えておきたいこと

女性ならではのびまん性脱毛症は、実は根気よく治療していけば改善することも少なくないんです。

そのためには

  • 育毛剤選び
  • ヘアケアのやり方
  • そして生活の改善

の三点からアプローチする必要があります。

育毛剤選び

女性用育毛剤育毛剤のラインナップ

そこで正しい育毛剤選びが重要になってきますが、注意してほしいのは薄毛の原因に合ったものを選択することです。

女性なのに男性用の育毛剤を使っても、効果を感じないのは当然です。
男性と女性では抜け毛の原因が根本的に違うもの、女性の育毛に特化したものを必ず選びましょう。
ホルモンバランスに働きかけるものもあれば、頭皮の血行を促進するもの、トータルでケアできるものなどいくつかの種類があります。

そして以下の3つの有効成分が入っていると望ましいです。

 

これらの女性の薄毛をサポート要素を調査した、おすすめの女性用育毛剤も紹介してます。

 

ヘアケア

育毛剤を使用することで、毛細胞など内側からも外側からも効果を高めていくことは可能になりますが、もちろんそれだけに頼ってはいけません。

並行してヘアや地肌のケアについても、正しい方法で行っていく必要があります

パーマやカラーリングなど、女性なら自分の気に入ったスタイルにしたいと思うのは仕方がないことです。
ロングヘアが好き、明るめの色が好き、抜け毛のためにわざわざ好きな髪形をあきらめる必要はありませんが、適切なケアで薄毛を防ぎましょう。
においが気になると言っても洗いすぎはダメ、1日1回のシャンプーで十分です。
その際も、地肌へのタッチングは優しく、強く擦ると摩擦で頭皮が傷ついてしまいさらなる抜け毛の環境にしてしまいます。

 

頭皮のケアのポイントは3つあります。

  1. 第1は頭皮全体を指で優しくもむこと、薄くなった部分だけでなく全体を包み込むことで血行促進になります。
  2. 第2はシャンプーの時に行うこと、やはり血行がよくなっているのでいっそうの効果を実感しやすいからです。
  3. そして最後は、ヘアブラシで軽く叩いて毛根を刺激することです。

 

この時のポイントは髪の毛が乾いた状態での使用がおすすめで、傷がつかないように先端が丸くなったものでしましょう。
叩くときももちろん、気持ちいいと感じるくらいの強さで、長時間やりすぎないように気を付けましょう。

ヘアスタイルを変える女性も

こうなると薄毛をなるべく目立たなくさせるためにロングヘアをやめるなど、ヘアスタイルを変える人も多くいるようです。

実は、薄毛が目立ってくるとショートヘアーを勧める美容師も結構います。
その理由は、長い髪は重力に従って重みが増すので、分け目の部分が引っ張られてより一層薄さが際立ちやすくなるからです。
しかし短く切ってしまえば負担がなくなり、ボリュームも自然に出やすくなりスタイリングも楽にできます。
40代くらいになるとショートヘアーの女性が増えていくのも、その理由を考えると何となく分かるような気がしますね。

生活習慣をチェック!

ランニングする女子

生活習慣についても、見直すことで十分に良くなることも見込めます。
頭皮の血流に影響が出ないように規則正しい生活、ストレスをためずにうまくコントロールすることも大切になってきます。
過激な食事制限によるダイエットはせず、バランスよく適度な量を食べることで、毛髪や頭皮に必要な栄養をしっかり与えてあげましょう。
髪や頭皮に良いといわれるのは野菜や海藻などはもちろんですが、各種のタンパク質も育毛にはとても大切な成分です。
肉や魚、乳製品なども同じくらい積極的にバランスよく摂取していきましょう。

 

まとめ

髪がキレイなロングの女性

女性のびまん性脱毛症。

見た目にも分かりやすいうえにスタイリングもうまくいかず、なかなか手ごわいものです。
しかし自分に合った育毛剤を選んで適切なケアをし、生活習慣を見直していくことで回復に向かうのは十分に可能なのです。
失われそうになった美しい髪の毛を、もう一度取り戻していきたいですね!